特定健診

生活習慣の変化などにより、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備軍が増加しており、それを原因とする死亡者数は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。
健康保険法の改正により、平成20年4月より40〜74歳の保険加入者を対象として、全国の市町村で導入された新しい健康診断です。テレビや新聞などでは「特定健診」や「メタボ健診」と言われています。
生活習慣病予防のための新しい健診・保健指導を積極的に利用し、バランスのとれた食生活・適度な運動習慣等を身につけましょう。
特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診で、以下の項目を実施します。

※項目及び料金は自治体によって若干異なりますので、受診希望の方は各自治体窓口へご確認ください。

基本的な検査項目

  • ・質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • ・身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • ・血圧測定
  • ・理学的検査(内科診察)
  • ・検尿(尿糖、尿蛋白)
  • ・血液検査
  • ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
  • ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA1c)
  • ・肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

医師が必要と判断した場合に実施しなければならない検査

検査項目

  • ・心電図
  • ・眼底検査
  • ・貧血検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)
  • ・クレアチニン・eGFR

特定健康診査に専門ドックやオプション検査を追加することも可能です。

各種オプション検査については詳細をご覧ください。

0964-53-1617